「究極の時短家電」食洗機が超絶おすすめの理由【共働きの強い味方】









一生のうち、どれくらいの日数を皿洗いに費やしているか考えてみたことはありますか?
答えは913日! 皿洗いには、意外に多くの時間を取られているのです。
この時間を、旅行や娯楽など、自分のために使えたらいいですよね。

皿洗いという家事の時間を劇的に減らしてくれるのが、食器洗い乾燥機(食洗機)です。
この記事は、食洗機の購入を迷っているあなたに向けて、人生を豊かにする究極の時短家電「食洗機」のすばらしさを伝える記事です。

一生のうち913日は、皿を洗うためだけに費やしている

一生のうち、わたしたちは皿洗いにどれくらいの日数を費やしているのでしょうか。
食器を洗ってから戸棚にしまう時間を15分、1日3食と仮定すると「913日」という驚くべき数字を試算できます。

【試算】1回15分×1日3食×1年365日×80年=1,314,800分=913日

家族構成やライフスタイルによっては回数は減るかもしれませんが、どちらにしても、皿洗いに多くの時間を費やしていることが分かります。

食洗機を買って「自分時間」を増やそう

意外に多い皿洗いにかかる時間。
共働きの家庭なら、家事にかける時間はなるべく減らしたいですよね。
そこでおすすめしたいのが食洗機の購入です。
食洗機を買うことで、皿洗いに費やす時間を劇的に減らすことができます。
試算通り、3年近い日数を浮かせられるなら、食洗機は「究極の時短家電」といえるでしょう。

食洗機の感想は「快適」のひとこと

私も家の新築をきっかけに、3年前に食洗機を導入しました。
使った感想は「快適」のひとこと。
快適すぎて、食洗機無しの生活にはもう戻れないほどです。
家事の時短はもちろん、自由に使える「自分時間」が増えたのが大きいですね。

これだけある「食洗機のメリット」

先に上げた家事の時短以外にも、食洗機を導入するメリットは数多くあります。

手洗いよりもキレイに洗える

食洗機は、手洗いよりも食器を清潔に保つことができます。
なぜなら、食洗機は食器を高温のお湯で洗浄し、すぐに乾かすという手順を踏んでいるので、雑菌が繁殖しにくいからです。

手洗いよりキレイに洗える | パナソニック |食器洗い乾燥機/食器洗い機 

 

食器をしまう手間やスペースが不要

食器を洗うだけではなく、しまう手間も省けるのが食洗機のいいところです。
例えば夜に使った食器をセットしておけば、翌朝は洗い終わった食器をそのまま取り出して使えばいいだけ。
同じ理由で、洗い終わった食器を置く場所も省スペース化できます。

 

手が荒れない

食洗機用の洗剤は、粉洗剤がメジャーです。
計量スプーンで一さじすくって庫内にざっと入れるだけ。
手洗いと違って、界面活性剤による手の乾燥・手荒れから開放されますので、特に女性にとってはうれしいですよね。
私はいつもこれを使っています。

手洗いよりも節水・省エネ

水をダラダラと垂れ流す手洗いと違い、食洗機は最小限の水しか使いません。
電気代も、深夜時間が安い料金プランを利用すれば、数分の一で済みます。
環境にもおサイフにもやさしいのが食洗機の特徴です。

手洗いよりエコ | パナソニック |食器洗い乾燥機/食器洗い機 

 

デメリットは微々たるもの

食洗機のデメリットはいくつかありますが、日々得られるメリットからすれば、微々たるものだと思います。

  • 取り付け工事が必要
  • 余計な油や残飯を落とすための「仮洗い」が必要
  • 洗い始めから乾燥まで
  • 電気代が月に数百円程度増える
  • 10年ごとに定期点検が必要
  • 洗浄中や乾燥しているときに稼働音がする

食洗機を上手に使うために | パナソニック |食器洗い乾燥機/食器洗い機 

 

設置工事は2時間ほど。工事はネットでも対応

食洗機の購入する際に心配なのは「設置工事がどれくらいかかるのか」ということではないでしょうか。
食洗機には「分岐水栓」という工事が必須で、多少の費用もかかるのは事実です。
とはいえ、工事にかかる時間は2~3時間ほど。
工事費用も、1万円から多くても4万円というところがほとんどです。
ネット店舗でも設置工事オプションが用意されています。
実店舗でもネット店舗でも、実際に作業するのは委託された地元の業者さんです。


Image:ビックカメラ

 

賃貸住宅でも食洗機は設置できる。取り外して原状回復も可能


Image:パナソニック

アパートやマンションなどの賃貸住宅でも、食洗機は設置できます。
また立ち退きの際には、取り外して原状回復することも可能です。
詳しくは、パナソニックのページをご覧ください。

設置も取り外しもカンタン!賃貸住宅にも置ける!| パナソニック |食器洗い乾燥機/食器洗い機 
 

「ビルトイン」と「据え置き」。どちらのタイプの食洗機がいいのか

食洗機は「ビルトイン」と「据え置き」の2種類に分けられます。
システムキッチンに組み込まれているのがビルトインタイプで、シンクや棚の上にあと付けするのが据え置きタイプです。
(比較表)

食洗機のタイプ ビルトイン 据え置き
皿洗い性能
コンパクトさ
洗える容量
本体価格 9万円前後 5万円前後
工事費 4万円~要見積り 1~4万円
賃貸住宅への設置

どちらのタイプを選べばいいのでしょうか。
おすすめはビルトインタイプですが、性能的には据え置きタイプでも十分です。
賃貸ならば、据え置き一択。
工事費も据え置きのほうが安いですね。

食洗機は、安い買い物ではありませんが、毎日使うものなので投資する価値は十分あります
製品選びで迷ったら、価格ドットコムでも上位を独占しているパナソニック製の食洗機を買っておけば間違いありません。

価格と性能のいいとこ取り!バランスモデル

どうせ買うならいいモノを。新機能搭載のフラッグシップモデル

コスパ抜群!シンプル機能のスタンダードモデル

食洗機を買うことは、時間を買うこと

毎日忙しい現代人にとって、家事にかける時間は少なければ少ないほどいいですね。
食洗機を導入するだけで、皿洗いに費やす時間はグッと減り、貴重な「自分時間」を手に入れることができます。
つまり、食洗機を買うことは、時間を買うことと同じ。
導入が早ければ早いほど、トータルの「自分時間」は増えていきます。
次のボーナスの使いみちには「食洗機の購入」を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

あなたはファーストペンギンになれるか。

必要なのは、他人より早く水に飛び込む勇気。資産を大きくプラスにしたいなら、仮想通貨のリスクとリターンを知っておこう。

ビットコインとリップルなら「BitPoint」

安全性№1「ビットポイント」でビットコインをもらおう。

コメントを残す