SBI VC 「VC TRADE」新規登録の受付開始!登録・入金・購入方法を解説









こんにちは、JIN(ジン)です。

2018年7月17日、「SBIバーチャル・カレンシーズ」(SBI VC)の仮想通貨交換サービス「VCTRADE」の新規登録が始まりました
先行登録を忘れていた人は、悔しい思いをしていたのではないしょうか。
登録にかかる時間は約5分。
先行登録者に追いつきたいなら、今すぐ申し込みしておきましょう!

この記事では、VCTRADEの概要をおさらいしたうえで、登録方法や日本円の入金方法、仮想通貨の購入方法を解説しています。

VCTRADEとは

株取引で圧倒的なシェアを誇る「SBI」が母体の仮想通貨販売所SBI VC。
そのSBIVCの仮想通貨交換サービスがVCTRADEです。

世界最高水準の取引スピード、安全性をうたっています。
待望の一般受付が始まったことで、SBI VC開設待ち組はもちろん、SBIの株式口座や銀行口座の顧客の流入も期待できます。

 

取扱通貨はXRP・BTC・BCH

購入・販売できる通貨ペアはXRP/JPY、BCH/JPY、BTC/JPYの3種類。
XRP(リップル)を先に開始したことで話題になりました。
これから順次、取扱通貨が増えるようです。

 

業界最安の手数料

SBIVCは業界最安水準の手数料(スプレッド)を目指すと明言しています。
執筆時現在、XRPのスプレッドは買い55.4円に対して売り53.3円で、確かに販売所としては低水準です。

株式では、SBIの手数料の安さは業界ナンバーワン。
業界の動向や、顧客の増加によって、SBIVCのスプレッドは縮まっていくのではないでしょうか。

 

仮想通貨の送金・入金は不可

仮想通貨の送金や入金はできません。
VCTRADE内での取引で完結します。

この辺りは株式口座であれば一般的ですよね。
送金アドレス誤りによる消失(いわゆるGOX)もないので、純粋にトレードやホールドだけしたい層には歓迎されるのではないでしょうか。

 

口座登録は無料

口座登録はもちろん無料です。
開設しておいて損はないですよ!

 

VCTRADEの登録手順

「VCTRADE」の登録方法はとても簡単です!
まずは、下記ボタンからSBIVCの公式サイトを開いてください。

サイトは開けましたか?
次からは、登録の手順を追って説明していきます。

 

メールアドレスを登録する

メールアドレスを入力し、「アカウント作成」を押します。

 

確認メールが送信されるので、メールボックスを確認します。

 

メールアドレスを認証する

届いたメール内の専用URLをクリックします。

 

パスワードを設定する

パスワードを設定します。
ほかのサイトの使い回しではなく、新しいものを設定してください。
「設定が完了しました」の画面でログインボタンを押します。

 

ログインする

登録したメールアドレス、パスワードを入力してログインボタンを押します。

 

本人情報を登録する

画面に従って、情報提供に関するチェックや氏名・住所などを入力していきます。

 

本人確認書類をアップロードする

免許証などの本人確認書類をアップロードします。

 

財務情報などを入力する

年収や投資経験などを選びます。

 

取引に関する注意を確認する

全て「理解しました」にチェックします。
「登録情報を確認する」を押します。

 

登録完了

以上で仮登録は完了です。
あとは簡易書留郵便で送られる正式通知を待ちましょう。

仮登録が済むと、ログイン後にこんな画面になります。

以降は「現住所確認」と「銀行口座登録」です。

 

取引画面です。
ブルーのグラデーションがきれいです。

 

住信SBIネット銀行口座も開設しておこう

株取引で圧倒的なシェアを誇るSBIが運営する仮想通貨販売所「SBIバーチャルカレンシーズ」。
登録も無料で、気軽に人気通貨を買えます。

SBIVCへの入金には、住信SBIネット銀行口座が必要です。
私ももちろん口座を持っています。
株式口座の連動や手数料無料などめっちゃ便利です。

新規口座開設キャンペーンも開催中。
通知が届くまでの間に、一緒に銀行口座も開設しておきましょう!

 

「口座開設完了のお知らせ」が届いたら

開設申し込みを終えたのが7月17日。
そして本日7月25日、申し込みから約1週間で「口座開設完了のお知らせ」が届きました。
まずは、セキュリティ関係の設定をしてしまいましょう。

取引パスワードを変更する

安全のため、取引パスワードは初期値から変更しておきましょう。
「口座管理」をクリックし、メニューから「取引パスワード」を選択します。

 

「口座開設完了のお知らせ」に書かれた取引パスワードを入力し、新しいパスワードを設定します。

 

2段階認証(2FA)を設定する

「口座管理」をクリックし、メニューから「二要素認証」(=2段階認証)を選択します。

表示される二次元コードをスマホなどの認証アプリで認証し、表示される数字を入力します。

以上で、セキュリティ関係の設定は終了です。

 

入金から購入まで

ここでは、実際に日本円を入金し、購入までをやってみたいと思います。
購入する通貨はXRP(リップル)とします。

住信SBIネット銀行から入金する

「入出金」タブをクリックし、入金金額を入力します。(ここでは1万円)
「次へ」をクリックし、取引パスワードを入力します。

住信SBIネット銀行のログイン画面に移行します。
ユーザーネームなどを入力してログインしてください。

内容を確認し、取引パスワードなどを入力して確定します。
「入金依頼を受け付けました」と表示されます。
銀行口座→SBIVCへは、一瞬で着金しました。

 

仮想通貨を購入してみる

上の画像は、1000円でXRPを成行買いするときの注文です。

 

確認画面で「コインを買う」をクリックすると購入完了です。

以上が、日本円入金から仮想通貨購入までの流れです。
面白そう!と思ったら登録してみてくださいね。
ご覧いただきありがとうございました。

あなたはファーストペンギンになれるか。

必要なのは、他人より早く水に飛び込む勇気。資産を大きくプラスにしたいなら、仮想通貨のリスクとリターンを知っておこう。

ビットコインとリップルなら「BitPoint」

安全性№1「ビットポイント」でビットコインをもらおう。

コメントを残す