【12月終了】高還元率のふるさと納税!4Kテレビやミラーレスほか高額家電4選









「ふるさと納税」の返礼品について総務省が規制を強める中、悲報が流れてきました。
ソニーの工場がある宮城県多賀城市が、現在取り扱っている同社の返礼品の受付を中止すると発表。
4K液晶テレビやミラーレス一眼デジカメなどの高額家電をふるさと納税で手に入れることは今後、困難になります。

この記事では、高額納税者向けに、ふるさと納税で今からでも手に入るおすすめの高額家電を紹介。
さらに、ふるさと納税しながら、プラス1%のAmazonギフト券が手に入る方法を解説します。

 

高額家電の返礼品は今がラストチャンス

総務省の規制のあおりを受けて、家電を返礼品とする市町村は残りわずかとなりました。
東北地方で唯一、返戻率・内容ともに独自の姿勢を貫いていた宮城県多賀城市も「年内で現在の返礼品の取り扱いをやめる」と発表。
節税にも役立つことから人気を博していた高額家電のふるさと納税は、2018年中が最後のチャンスといえそうです。
まだ納税枠が余っているなら、早めに駆け込み納税をしてしまいましょう。

 

高額家電は「最新式」「高還元率」のものを選ぶ

ふるさと納税でお得に高額家電が手に入るとはいえ、せっかくなら良いものを選びたいもの。
長く使うためには、型落ちではなく最新式を選ぶのがポイントです。
また、高額な出費となることから、還元率(返戻率)にもこだわりましょう。
これから紹介するのは、最新式かつ返戻率が高い家電ベスト4です。

SONY ミラーレス一眼「α7RⅢ」(寄付額810,000円)

α7RⅢは、ソニーの最新式ミラーレス一眼デジタルカメラです。
高解像度かつ低ノイズ、4Dフォーカス、世界最高の光学式手ブレ補正など、抜群の性能を誇ります。
オンラインショップでは税込み377,870円。
返戻率は「46.7%」です。

主な特徴

  • 4240万画素の35mmフルサイズ裏面照射型センサー
  • 秒速10コマの高速連写
  • 世界最高5.5段の光学式5軸手ブレ補正
  • 4Dフォーカス(399点像面位相差AF+425点コントラストAF)
  • 5K相当+HDR対応の動画記録

オススメポイント「瞳フォーカス」

構図、タイミングはバッチリなのに瞳にピントが行ってない!という経験はありませんか?
「瞳フォーカス」なら、ボタン一つで黒目にバッチリ焦点が合います。
この機能を使うと、他のカメラには戻れません。

 

SONY 4K液晶テレビ「KJ-55X8500F」(寄付額520,000円)

KJ-55X8500Fは、ソニーの高性能な4K液晶テレビです。
最新式の映像プロセッサーを搭載し、HDRにも対応。あらゆるソースを最高の4K映像で表現します。
VGP2019で金賞を受賞するなど評価も高いです。
オンラインショップでは税込み194,270円。
返戻率は「37.4%」です。

主な特徴

  • 4K高画質プロセッサー「HDR X1」搭載
  • 倍速駆動パネル採用(モーションフロー240対応)
  • Googleアシスタントなどの音声入力に対応
  • 洗練されたスリムなフレームデザイン
  • 各種ネット動画アプリ内蔵
  • 無線LAN内蔵

オススメポイント「ネット動画」ボタン

視聴の主流になりつつある「Netflix」「Hulu」「U-NEXT」「YouTube」などをワンタッチで起動できるボタンを搭載しています。
ネット動画をひんぱんに見るなら、絶対に便利な機能。
OSはAndroidTVなので、動作もサクサクです。

 

SONY 音楽プレーヤー「NW-WM1A」(寄付額270,000円)

NW-WM1Aは、ソニーのフルデジタルアンプの技術を結集し、高音質を徹底的に追求したデジタルオーディオプレーヤー(DAP)です。
VGP2019やHiVi2018でベストバイを受賞。
アルミ切削筐体に128GBのメモリを搭載。バランス接続にも対応し、ハイレゾ音源を楽しむのに最適です。
オンラインショップでは税込み129,470円。
返戻率は「48%」です。

主な特徴

  • 大幅に進化したフルデジタルアンプ「S-Master HX」搭載
  • DSDネイティブ再生は最大11.2MHz、リニアPCM再生は最大384KHz/32bit
  • USB-DAC機能でパソコンの音楽もハイレゾ相当で再生
  • 高級感あふれるアルミ削り出しボディ
  • microSD、Bluetoothにも対応

オススメポイント「直径4.4mmバランス接続対応」

ヘッドホンプラグ1本で、バランス接続に対応。
MDR-Z7M2など直径4.4mmプラグ対応ヘッドホンの性能を最大まで引き出してくれます。
音楽を極めたいなら、NW-WM1Aの存在は欠かせません。

 

SONY デジタル4Kビデオカメラ「FDR-AX700」(寄付額440,000円)

FDR-AX700は、ソニーのデジタルビデオカメラ「ハンディカム」の最新版です。
大口径F2.8~4.5のツァイスレンズ採用、光学12倍ズーム、4K撮影対応の贅沢仕様。
オンラインショップでは税込み215,870円。
返戻率は「49.1%」です。

主な特徴

  • 被写体を速く、粘り強く捉え続ける「ファストハイブリッドAF」採用
  • 高精細な描写の「Exmor RS CMOS」センサー、進化した画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載
  • 高解像度4K+高輝度HDRの記録に対応
  • ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ搭載

オススメポイント「4K+HDR撮影対応」

現在、テレビでは4KとHDR対応が主流になってきました。
フルHDのビデオカメラでは、表示できる情報が画面の4分の1しかないので、どうしても粗が目立ちます。
お子さんがいるなら、4Kで高精細な記録を残してあげましょう。

 

「2019年確定申告」の対象となるのは2018年12月31日まで

返礼率が30%を越えるような高額家電の返礼品はとても貴重です。
「これだ!」と思った返礼品は、迷わず申し込みましょう。

市町村はどこも12月29日からは「御用納め」といって休暇に入ります。
12月に入ると、一部の返礼品が欠品したり、年明けまで再開しなかったりすることが予想されます。
人気の返礼品はなるべく早く寄附しておくのがおすすめです。

2019年3月の確定申告の対象となるのは、2018年12月31日までの寄附分
それ以降の寄附は、さらに1年後の控除対象になってしまいます。

 

「ふるなび」ならAmazonギフト券でプラス1%還元

ふるさと納税サイトは「さとふる 」「ふるり」などたくさんありますが、中でもおすすめは「ふるなび」です。
ふるなびがおすすめの理由は、寄附額に対して1%分のAmazonギフト券をもらえるからです。

プラス1%!ふるなびでAmazonギフト券をもらう方法

ふるさと納税サイトふるなび」会員になれば、寄附額に対し、1%のAmazonギフト券をもらえます
Amazonギフト券は、Amazonの買い物で現金と同じように使えるので、かなりおトクだと思います!
手順は以下のとおりです。

  1. 会員登録後、ログインする
  2. ふるなび上で寄附する
  3. クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)で決済
  4. ふるなび上でギフト券コードを発行する
  5. Amazonのアカウントに登録する


ふるなびなら、このようにしっかり還元されます。

 

ふるなびでもっとお得にAmazonギフト券をもらおう

ふるなび」会員なら使いたいのが「たまるモール」。
いわゆるポイントサイトのような形式で、買い物などをするとき、「たまるモール」を経由することで、さらにAmazonギフト券がもらえます。
ヤフーショッピング(0.8%)、旅行の予約(2%)や、不動産の資料請求(3000円)だけでももらえるので、お小遣い稼ぎには最適です。

【闇ふるさと納税】返礼率50%のギフト券がもらえる高野町(期間限定)

2018.11.03

【増量中】闇ふるさと納税→42%のAmazonギフト券!静岡県小山町がヤバい

2018.10.21

【闇ふるさと納税】返礼率50%のギフト券がもらえる高野町(期間限定)

2018.11.03

あなたはファーストペンギンになれるか。

必要なのは、他人より早く水に飛び込む勇気。資産を大きくプラスにしたいなら、仮想通貨のリスクとリターンを知っておこう。

ビットコインとリップルなら「BitPoint」

安全性№1「ビットポイント」でビットコインをもらおう。

コメントを残す