【海外編】仮想通貨取引所 最新まとめ









海外の仮想通貨取引所の基本

国内にはない豊富なアルトコインが魅力の海外仮想通貨取引所。
取引所独自のトークンによる手数料割引利益の分配を積極的に行うなど、
国内の取引所にはないアグレッシブさが魅力です。

登録(開設)の流れ

登録方法は基本、メールアドレス登録→メールアドレス認証→二段階認証が主な流れ。
それぞれレイアウトは違いますが、ほぼ同じような構造です。
最近はパスポートなど本人確認をするところも多くなってきました。

英語が苦手でも大丈夫

多くの取引所のメイン言語は英語。
とはいえ、下の数種類くらい覚えておけば大丈夫です。
英語苦手でも全く問題ありません。

SignUp(初期登録)
Login(ログイン)
Buy(買う)
Sell(売る)
Deposit(入金する)
Withdraw(出金する)
Address(通貨のアドレス)
Fee(手数料)
Exchange(取引する)
Order(注文)
Asset(資産)
Wallet(財布、ウォレット)

 

海外取引所の一覧

バイナンス(Binance)

バイナンスは、現在最も勢いのある取引所です。日本語対応!
日本では買えないアルトコインを多く取り扱っています。
手数料が激安なのも魅力。また、ビットコインのハードフォークコインを全てサポートする、と明言しています。ここにビットコインを置いておけば、分裂したコインをもらえる、というわけですね。
最近では、バイナンスで上場することがステータスになっていて、取り扱いが決まると高騰する傾向にあるようです。

 

コインエクスチェンジ(COINEXCHANGE)

草コイン好きにはたまらない(?)取引所、コインエクスチェンジ。表記は英語だけです。
大手にはない激安コインがずらり。「掘り出し物」がないか、見ているだけでも楽しいですね。
私はXPというコインをここで底値で買うことができました。
一攫千金を目指すなら、登録しておいてもいいかもしれません。

 

クリプトピア(Cryptopia)

こちらも多くのマイナーコインを扱う取引所、クリプトピア。表記は英語だけです。
とにかく通貨の種類が豊富で、大抵のものはここにあります。それなりに取引量もあるのでありがたい。
取引履歴をエクセルファイルでダウンロードできるのは地味にうれしいです。

 

トップドットワン(TOP.ONE)

  • いろいろな人気の取引所トークンの売買ができる
  • KYC(顧客確認)不要で3分で開設可
  • バイナンスに似たUIで、直感的な売買が可能
  • TOP.ONE自身の取引所トークン「TOP」が購入できる

上記のようなメリットがある取引所、トップドットワン。表記は英語だけです。
独自トークン「TOP」の伸び代は相当あると踏んでいます。

【取引所トークンを網羅】TOP.ONE(トップドットワン)開設方法

2018.06.26

 

CoinEx

  • BCH基軸の取引所
  • 無料エアドロップを頻繁に開催
  • 取引所トークン「CET」が人気
  • CET保有者に取引の収益配分
  • スッキリしたレイアウトで直感的に取引可
  • 日本語対応

2018年6月~7月、仮想通貨界隈の注目を一気に集めた取引所、CoinEx
取引所マイニングやエアドロップなどのユーザーにうれしい施策で独自トークン「CET」が大人気。
2週間で30倍に暴騰しました。
あのバイナンスを抜いて取引額1位に躍り出たCoinEx。ぜひ登録しておきたい取引所です。

 









あなたはファーストペンギンになれるか。

必要なのは、他人より早く水に飛び込む勇気。資産を大きくプラスにしたいなら、仮想通貨のリスクとリターンを知っておこう。

仮想通貨で稼ぐなら「コインチェック」

ナンバーワンの使いやすさ。まずは「コインチェック」を開設しよう。

コメントを残す