仮想通貨を始める前に読んでおきたい書籍3選









こんにちは、JIN(ジン)です。

2018年は、さまざまな場面で仮想通貨が話題になっていますよね。

仮想通貨やブロックチェーンがいっときのブームでなく、世間にジワジワと浸透しているのを感じているのではないでしょうか。

仮想通貨のニュースの数が上昇する一方で、ビットコイン(BTC)を始めとした仮想通貨の価格は2017年末に比べて大幅に下落しています。

たとえばネム(NEM・XEM)は最高値から90%以上もダウン。

私が2017年に仮想通貨に参入したときよりも低い価格です。

2017年末や2018年始に大金を投じた人は、退場したりモーレツな含み損を抱えたりしています。

逆に言えば、これから仮想通貨に投資するあなたにとっては、これ以上ないチャンスといえます

でも、やっぱりよく分からないものへの投資は不安ですよね?

そこで、仮想通貨投資への不安を取り除く書籍をまとめてみました。

仮想通貨やブロックチェーン技術はもとより、「お金」の考え方が変わったり、投資のスタンスを確信できたりする書籍を選びました。

 

おすすめの書籍ベスト3

お金2.0 新しい経済のルールと生き方(佐藤 航陽)

仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評論経済。
「新しい経済」を私たちはどう生きるか。
メタップス創業者が明かす、資本主義の先の世界。 
(Amazonから引用)

「中央集権」から「分散化」へ。「貨幣経済」から「評価経済」へ。

仮想通貨やフィンテックが可能にする新しい経済の形が、今まさにスタートしています。

タイムバンクやシェアリングエコノミーなどを「荒唐無稽」と切り捨てるか、新時代の潮流として乗りこなすかで人生が大きく変わります。

タイトルにふさわしく、「お金」の概念が大きく変わる本。

 

これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話(堀江貴文)

お金は変わる。そしていずれ「なくなる」ーー。2017年、バブルを迎えた仮想通貨市場。
だが、その本質は投機対象でも決済手段でも、あるいはブロックチェーンという技術革新ですらない。
お金という存在の正体に皆が気づき始めたことこそが、革命なのだ。ビットコインが目指した自由、イーサリアムがもたらす大変革、そして新しく訪れる個人と会社・国家との関係性とは。
仮想通貨から学ぶ「これからの経済学」。
(Amazonから引用)

ホリエモンが予言する、これから起こる大変革。

特に後半のトークンエコノミーの可能性については、非常に納得できました。

問題は「お金の正体にいかに早く気付くか」。

これを読んだ後、あなたは必ず仮想通貨を買いたくなります。

 

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者(中島 真志)

未来の通貨として注目されるビットコインが最高値を更新し続けていたさなか、
日銀出身の決済システムの第一人者が、「バブル崩壊」をその設計と運用の両面から
いち早く予測。
さらに「ビットコイン以後」を見据えて、ゴールドマン・サックスや三菱東京UFJ銀行、
そして各国の中央銀行や証券取引所などが、仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を
使って、金融界に大革命を起こしつつある状況を鮮やかに描く。
(Amazonから引用)

「ビットコインはもう終わった」という惹句が衝撃的。

ブロックチェーンの絶大な可能性、リップル(XRP)の革新性に触れています。

決済システムや国際送金(SWIFT)に精通する著者だけに、具体的で現実的なビジョンが伝わってきます。

XRPに興味がある人には必読の書。

 

番外編

Amazon Kindle Unlimited で読み放題、またはKindleで格安で購入できるおすすめの図書を紹介します。

現在、Amazon Kindle Unlimitedが2ヶ月でたった99円! 7月17日までの限定キャンペーンなので今すぐ登録して書籍を読み漁っちゃいましょう。

 

仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ(苫米地英人)

注目を集めているフィンテック、仮想通貨。すでにメガバンクが仮想通貨を発行すると宣言しているが、これは私たちの生活に大きなインパクトを与えることになる。何がどう変わるのか?ビジネスチャンスはどこにあるのか?いまフィンテックで使われている暗号技術を1990年代から研究してきた著者が、仮想通貨がもたらす未来を語る!
(Amazonから引用)

いち早くビットコインに注目していた著者。実際に当時から仮想通貨を買っていたら「億り人」は間違いないでしょう。

Amazon Kindle Unlimited なら読み放題(0円)なので非常にお得です(笑)。

 

億り人ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書(ポイン)

試しに買ってみたリップルが数か月で2500万円に。イーサリアム、モナコイン、ネムと買い増していったコインたちは、ピーク時には1億円の含み益を記録。見事、「億り人」の仲間入りを果たした。そして著者は言う。「仮想通貨は貧者に残された最後の武器」と。
(Amazonから引用)

有名なブロガーの銘柄選びの基準、頼りにしている情報源や投資スタンスが分かります。

内容はまさに初心者向けで読みやすく、一般人目線の分かりやすい内容。

「再現性がない」「たまたまバブルで儲けただけ」という身も蓋もないレビューがありますが、仮想通貨全体の価格が当時の水準近くに下がっている今、学ぶべきことはたくさんあります。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン(大塚雄介)

・ビットコインはどうやって手に入れるの?
・投資対象としてはどうなの?
・コピーや改ざんされる心配はないの? 
・ブロックチェーンってどんな技術?
・フィンテックが実現する未来とは?
・次はどんなサービスが登場する?

基本の仕組みの解説から最新トピックまでを体系的に解説。
数あるビットコインやブロックチェーンの解説書の中でも、一番わかりやすい入門書です。
(Amazonから引用)

コインチェックの大塚氏による著書。

入門用として非常に分かりやすい一冊です。

まずはビットコイン、イーサリアムのことが知りたい・理解したいあなた向け。

 

今だけ!Amazon Kindle Unlimitedのキャンペーン

Amazon Kindle Unlimitedが2ヶ月でたった99円!7月17日までの限定キャンペーン!

下記バナーからのクリックで書籍が読み放題になります!

 









あなたはファーストペンギンになれるか。

必要なのは、他人より早く水に飛び込む勇気。資産を大きくプラスにしたいなら、仮想通貨のリスクとリターンを知っておこう。

仮想通貨で稼ぐなら「コインチェック」

ナンバーワンの使いやすさ。まずは「コインチェック」を開設しよう。

コメントを残す