「聴く読書」Audible(オーディブル)は時間がない人ほどハマる









毎日忙しくて、読書の時間をとれずに困っていませんか?
そんなあなたには、いつでもどこでも本が聴けるサービスAudible(オーディブル)がおすすめです。
アマゾンが提供する「全く新しい読書体験」で、退屈な毎日に刺激を与えてみませんか。

Audible (オーディブル)とは

Image:Amazon.co.jp

Audible(オーディブル)は、プロの声優やナレーターが朗読する音声コンテンツを耳で聴いて楽しむサービスです。
Kindleなど、近年ブックサービスに力を入れているアマゾンが提供しています。
コンテンツのジャンルは、ビジネス書・自己啓発・小説・英字新聞・落語・講演などがラインアップ。
読まずに、聴く。」という全く新しい読書の楽しみ方を提示してくれます。

30日の無料体験が超おトクです。
合わないなと思ったら、即日、いつでも退会できるのでデメリットはありません。
手っ取り早く聴いてみたい方は下のボタンからどうぞ。

 

誰が、どんな作品を朗読してくれるの?


Image:Amazon.co.jp

Audible(オーディブル)では、プロの声優やナレーターを始め、俳優や女優などが作品を朗読してくれます。
例えば「火花」(又吉直樹著)を俳優の堤真一が。
「悪人」(吉田修一著)を女優の田中麗奈が。
それぞれ個性のある読み手で、既読の本でも新鮮な気持ちで聴くことができます。

Image:Amazon.co.jp

作品のラインアップは、「多動力」(堀江貴文著)「君の名は。」(新海誠著)などの話題作から、「破門」(黒川博行著)「下町ロケット」(池井戸潤著)など直木賞受賞作やベストセラーも多く扱っています。

 

Audible(オーディブル)の聴き方は?

Image:Amazon.co.jp

Audible(オーディブル)の作品は、専用アプリでダウンロードして聴きます。
専用アプリはiOS、Android、Windows10に対応。
オフラインでどこでも聴けます。
スマートフォン、パソコン、タブレットなど、別の端末に切り替えても続きから聴けます。

PCサイト(Windows・Mac)からであれば、ストリーミング再生も可。
また、好みの再生速度への調整機能やスリープタイマーなどがあるので、ライフスタイルに合わせて気軽に楽しめます。

 

Audible(オーディブル) の利用料

Audible(オーディブル)の利用料は、月額1500円
単行本なら1冊、ちょっと高価なランチなら1食分で1カ月まるごと楽しめます。
まずは、30日の無料体験がおすすめ。
聞いてみて合わないなと思ったら、いつでも退会可能です。

 

Audible(オーディブル)の会員特典

Audible(オーディブル)には、会員特典があります。
これだけでも、価格分の価値はありそうですね。

  • 毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入できる
  • 会員なら追加料金なしで楽しめるコンテンツや、30%OFFでの単品購入も
  • 購入したタイトルが気に入らなかったら、他のタイトルと交換OK
  • 月額1,500円、いつでも退会できる

 

会員特典を利用した「実質聴き放題」

Audible(オーディブル)には「購入したタイトルが気に入らなかったら、他のタイトルと交換できる」という会員特典があります。
個人的にはこれは一番すごいと思います。
なぜなら、下記の条件であれば実質的に「聴き放題」になるからです。

  • 返品は365日以内
  • コインで購入した場合はコインが戻る
  • クレジットカードで購入した場合はクレジットカードに返金
  • 戻ってきたコインは発行日から6カ月以内ならいつでも他のタイトルに交換できる

もちろん「購入したタイトルが気に入らなかったら」ですよ?
気に入ったのなら、交換してはいけません。

 

Audible(オーディブル)は時間がない人ほどハマる

毎日仕事で忙しくて「時間がない」が口グセのあなた。 
そんなあなたにこそ、いつでもどこでも本が聴けるAudible(オーディブル)がおすすめです。
就寝前の1時間。通勤時間の40分。昼休みの30分。
そういった「スキマ時間」を活用して、音楽を聴くような軽い気持ちで読書する。
時間がないと言っている人こそ、Audible(オーディブル)を試してみるべきです。
今まで無意識にムダにしていた時間を、教養や娯楽などの刺激で満たすことができます。
きっと、ハマること間違いなしです。

あなたはファーストペンギンになれるか。

必要なのは、他人より早く水に飛び込む勇気。資産を大きくプラスにしたいなら、仮想通貨のリスクとリターンを知っておこう。

ビットコインとリップルなら「BitPoint」

安全性№1「ビットポイント」でビットコインをもらおう。

コメントを残す