仮想通貨大暴落!理由は中国の規制?下落まだまだ続くか【原因と対策】









こんにちは、JIN(ジン)です。

1月16日の16時30分頃から、17日にかけて仮想通貨市場が暴落しました。

ビットコイン(BTC)の下落に連動して、主要アルトコインをはじめとしたほぼ全ての通貨が広く値下がりしました。

2017年12月から好調だったリップル(XRP)は高値400円から約130円と▲70%近くの下落、ネム(XEM)も高値から▲60%程度落ちています。

2017年12月23日にも全面安の展開がありましたが、今回の下げは体感的にも、時価総額的にもそれを上回っています。

暴落は「いつか来る」とは分かっていても、やっぱり値動きに翻弄されますね。

久しぶりに「仮想通貨ってリスキーだな」と実感しています。

今回、なぜ暴落したのか理由や背景を探ってみたいと思います。

 

中国の仮想通貨全般に対する規制

一番の原因と見られているのが、中国の仮想通貨に対する規制です。

中国人民銀行(PBoC)の副総裁Pan氏が政府に対して仮想通貨の禁止を促したとのこと。

 

ドイツ連邦銀行理事の発言

また、ドイツ連邦銀行の理事が世界的規制について言及したそうです。

各国の思惑があるので簡単にはいかないと思いますが、世界的な規制の波及は避けてほしいですね。

 

 

暴落時に覚えておきたい情報

ツイッターでは暴落時に役立つ情報が発信されています。

いくつか紹介させていただきます。

ビットコインが暴落するとアルトコインも暴落する理由

 BTCを基準にした「合成ペア」によって値段が形成されているため、BTCの下落が他のコインに影響するというわけですね。 

 

毎年1月は暴落月

二番底を探る動き

毎年1月の中旬は、暴落傾向にあるようです。

二番底になっているのも特徴ですね。まだ下がりそうな勢いです。

 

ネオ(NEO)が急騰

中国のイーサリアムといわれるNEOが急騰しています。中国の思惑もありそうです。

 

【対策】急落時にチャンスをつかむ

暴落はいつまで続くか

二番底があるとすれば、高値の半値、つまりビットコイン(BTC)が110~120万円付近でしょうか。

ここ2日程度は底練りが続くかもしれませんが、仮想通貨独特の急反発もありそうです。

今回の急落が一時的なものであるなら、今から購入する人にとっては、ほぼ全ての銘柄がバーゲン中のがチャンスといえます。

ここから入ったとしても、マイナスよりプラスの方が期待値は高いといえます。

狼狽売りは厳禁

最も避けたいのは、狼狽売りです。

「仮想通貨は終わった」「バブルがはじけた」と市場を去る人以外は、冷静に事態を見守りましょう。

 

リップル(XRP)に勝機あり?

暴落の発端となった中国人民銀行と、リップル社はつながりがあるようです。

BTC暴落→XRPも連動して暴落→XRPの台頭・・・というシナリオもありうるかもしれませんね。

投資である以上、右肩上がりだけを続けることはできません。

急落しても持ち続けられる通貨に投資するのが、一番の暴落対策かもしれません。

あなたはファーストペンギンになれるか。

必要なのは、他人より早く水に飛び込む勇気。資産を大きくプラスにしたいなら、仮想通貨のリスクとリターンを知っておこう。

仮想通貨で稼ぐなら「コインチェック」

ナンバーワンの使いやすさ。まずは「コインチェック」を開設しよう。

コメントを残す